後悔しない為に重要な3つのこと | 海外でのスポーツ観戦・体験・トライアウト・ウェディングはWSC

後悔しない為に重要な3つのこと

イメージ

昨日、朝起きてから夜寝るまでの1日が全力で有意義な1日だったと胸を張って言えますか?その1日の繰り返しで月はあっという間に流れていきます。自分自身の将来の夢や目標に対して、後悔しない日々を送れていますでしょうか?今から3年先、10年先の自分が今の自分に対して後悔しない為に心がける3つの事を紹介します。

1、直感を信じる

今の自分が直感的に惹かれることは、必ず自分の求めていることではないしょうか?その直感を信じて行動できるかどうかで未来は大きく変わります。直感に従い、すぐに行動を起こすとします、その選択が後々に正しかったと思えるならば揺るぎない自信になることでしょう。もし、うまくいかなかった場合でも、その選択をしたのは自分自身なので誰を責めることもなく、より一層成長できる糧になり自分の財産となるのではないでしょうか?

2、言い訳を探さない

自分自身の失敗や、後悔に対しての言い訳をさがしてしまう経験は誰しもがあるのではないでしょうか。終わったことに対しての言い訳はもちろんですが、これから進む道や、自分が下すであろう判断や選択、決断に対して先回りをし一歩踏み出さない言い訳を探すことはしてはいけません。その言い訳が、描いている夢や目標から自分を遠ざけてしまうのです。やらない理由を見つけるのはすごく簡単な事です。いろいろなリスクや失敗を想定し、動かないように自分をコントロールするのではなく「直感」に従いリスクすらモチベーションに変えて一歩踏み出すことが重要なのです。

3、周りや前例を気にしすぎない

イメージ

1歩踏み出すとき、新しい事に挑戦することは、本当に勇気が必要です。そして、だれかに相談することも多くなるでしょう。もちろん相談すること自体がマイナスではなく、自分の気持ちを押し殺し、「なかったこと」にしてしまうのは非常に残念な事です。周りの人が反対するから昨日と変わらない今日、今日と変わらない明日を送るのは、将来の自分にとって後悔しない生き方でしょうか?例え反対されても、その「反対しいている人」を「賛成してくれる人」に変えてしまうぐらいのエネルギーやモチベーションが必要ではないでしょうか。反対の意見と同様に、前例にも敏感になってしまうことが多くなるのではないでしょうか。いままでに成功した事例がない、そんな話聞いたことがない・・・その理由は様々でしょう。年齢や環境、今までの経歴や経験、たくさんの事を成功した事例と比べてしまいます。しかし、前例がなくても、あなた自身が成功事例になればいいのです。あなたが、どこかの誰かの目標に変わることでしょう。

後悔しないために・・・

イメージ

経歴や年齢、実績、出身などにとらわれず、今の自分を全力でアピールしませんか? WSCではあなたの挑戦のお手伝いをします。
詳しくは、こちらをご覧ください

プロフェッショナル

TRY ACTION

プロフェッショナルについて詳しくはこちら

プロフェッショナルに関する
ご相談・お問い合わせは気軽にご連絡ください。

公式サイトはこちら

CONTACT

お問い合わせ、ご質問などお気軽にご連絡ください。

お問い合わせの種類 必須
お名前 必須
メールアドレス 必須
電話番号
お問い合せ内容 必須