海外スポーツサービスというビジネスの魅力 | 海外でのスポーツ観戦・体験・トライアウト・ウェディングはWSC

海外スポーツサービスというビジネスの魅力

海外スポーツサービス

「海外スポーツサービスってなんですか?」
あまりにも広い内容なので、よく聞かれることですが、私はいつもこういう風に答えています。
-海外で、サッカーが見たかったり、野球が見たかったり、海外でスポーツがしたかったり、海外でスポーツビジネスを学びたかったり、海外でプロ選手になりたいと思った時に代わりにサービスを交渉・提供をするのが、私たちの仕事です。-
それでも想像つかないと思います。私たちの事業は「結局なにやっているの?」というのがほとんどですので、少しずつ紐解いていきます。

社員総出で朝からスポーツ企画会議

スポーツ企画会議

例えば今日の仕事の始まりは、全事業部の企画会議。テーブルを囲み、FCバルセロナ本拠地でサッカーしよう!とかヤンキースタジアムやドジャースタジアムで野球は?とか、F1マシンでアブダビのヤスマリーナサーキットを走ってきた映像を見て「スピード全然出てないじゃん!」とか、LOICX GIRLS☆のテーマソング決める?とか朝からスポーツネタ満載のブレストを行いました。

スポーツに関わる個人としてやりたい事を徹底的にアイデアを出し合うのもWSC流です。つまり”海外”と”スポーツ”というキーワードが融合し、スタッフ個人のやりたい事やお客様の声がそのまま提供できるだけのサービスとなれば、それは【海外スポーツサービス】となるわけです。

それではもう少し具体的に伝えていきましょう。

スポーツ観戦チケット手配は大忙し

スポーツ観戦チケット

6つある事業部のうち、朝から晩までフリーダイヤルが鳴りやまないのがチケット事業部です。海外でスポーツを観戦したい!となれば、日本からのお客様が購入しやすくするのも私たちの仕事です。サッカー、テニス、フィギュアスケート、ラグビー、ゴルフ、メジャーリーグ、NBA、NFL、NHL、世界陸上、競馬、などなど海外のネットワークを使って、完売になってしまうような人気チケットや、クラブのメンバーにならないと買えないような観戦チケットでもクラブと契約を結ぶことで、日本人が観戦しやすくしたりしています。

すべてのスポーツで最も重要視されている観戦チケット。

多くのスポーツクラブにとってチケットが一番の収入源であり、スポーツにとって観戦していただくことは非常に重要なことです。例えば、アメリカンフットボールの場合には、ほとんどの場合が年間チケットホルダーで入場者が埋め尽くされます。また、アメリカ中の人気を集めるスポーツであり、アメリカンフットボールのチケットは数十万円にのぼることがあります。特にスーパーボウルなどのビッグイベントは日本でも有名ですね。

アメフトでは過去に特殊な取り組みを行った事例もあります。それが「ブラックアウト」という取り組みです。スタジアムでの入場者数が一定の割合に達しなかった場合、テレビ中継を行わないという取り組みです。2013-14シーズンに実際に実施されたのは256試合中2試合のみなので、多くのファンが会場に足を運んでいます。※現在は廃止されています。

WSCでは、海外のチケットを幅広いネットワークで手配しています。
海外のチームでは先程もお話をしたように年間シートホルダーがほとんどのチケットを保有しており、その下にクラブメンバーが優先的に購入するシステムがあり、最終的に残ったシートが一般販売されます。(それぞれに枠があり、新規のためにも一般販売がなくなることはほとんどありません。)
その中で、完売してしまった試合のチケットを取るのが、WSCの仕事の一部です。
WSCはプレミアムチケットというスポンサーに割り当てられるチケットを手配しており、オフィシャル価格とは違ったプレミアム価値がついた値段設定にはなりますが、安全・安心にチケットを手配しています。
また、各チームと交渉し、より日本人のお客様が手ごろにチケットが手配出来る様に、様々なチームとパートナーを組む取り組みを行っています。(アトレティコ マドリード、マインツ、ヴォルフスブルクなど、、、)
海外スポーツが身近な存在になり、非常に多くの日本人が観戦出来る様になりましたので、もっともっと多くの人に楽しんでもらえるように、活動をしています。

F1に乗りたい!

フォーミュラカー ドライバー体験

今日の企画会議にもあがった「F1マシンに乗りたい!」という夢のようなお話。実はWSCにはF1マシンに乗れるサービスもあります。実際にF1が開催されているイタリア モンツァサーキットで、デーモンヒルが乗車していたウイリアムズに乗る事ができます。世界でもF1マシンに乗れる人なんてほとんどいませんので、人生に一回、F1マシンに乗ってみるのもいい経験だと思います。写真は、先週スタッフが、アブダビのヤスマリーナサーキットで運転してきた時の写真です。このようなサービスも海外スポーツサービスです。

カンプノウ挙式

そうすると、そこで働く人がどのような仕事を普段しているかが見たくなります。サーキットでもレースがない日もちゃんと営業しています。どのような仕事をしていて、どれだけの人がサーキットに関わって来るのか。興味が出てくると、それがビジネス体験のサービスになります。
もちろん、プロ選手になりたい人がいれば、そこでプロ選手へのトライアウトのサポートも行います。
そして、結婚式をスタジアムで挙げたいとなれば、スタジアムで結婚式を行えるようなサービスも作ります。

スポーツを通じた夢の想いをカタチに

WSC

という風に、海外のスポーツで何かしたいという想いをカタチにするのが私たちの仕事であり、それが海外スポーツサービスです。
その他には企業の方などで、海外スポーツを取り入れて、キャンペーンを行いたい方や、海外クラブや、選手とイベントをしたい企業様とのビジネスも大歓迎です!
私たちは海外スポーツの“駆け込み寺”のような存在を目指しています。
For all sports fans… すべてのスポーツファンに喜びと感動を…

WSCとは

ABOUT

WSCとはについて詳しくはこちら

WSCとはに関する
ご相談・お問い合わせは気軽にご連絡ください。

公式サイトはこちら

CONTACT

お問い合わせ、ご質問などお気軽にご連絡ください。

お問い合わせの種類 必須
お名前 必須
メールアドレス 必須
電話番号
お問い合せ内容 必須